Oracle VM VirtualBox

Oracle VM VirtualBox 4.3.12

テスト環境に最適 OSなど異なるPC環境を同一PC上で同時に実行

Oracle VM VirtualBox(オラクル VM バーチャルボックス)は、PCのなかに仮想マシン(仮想PC/仮想環境)と呼ばれるもう1台のPCを作り出せる無料のエミュレーターソフトです。仮想マシンを作り出すことで一つのPCに別のPC環境を作り出すことができます。例えば、Windows 7上に仮想マシンを作り、Windows XPをインストールすると、同じPCでWindows VistaとWindows XPの環境が同時に利用できます。異なるシステム要件のソフトを利用したり、本格リリース前のテスト版の検証、安全性が疑わしいソフトウェアのチェックなどを行う場合に活躍することでしょう。 完全な説明を見ます

賛成票

  • 同一PC上で、異なる複数のOSを同時に稼働させることができる
  • 実際のPCハードウェアの動作を忠実に再現している
  • USB機器や3Dグラフィック、サウンドなど、ハードウェア対応に優れている

反対票

  • 仮想マシンと元のOSの画面間で、ドラッグ&ドロップによるファイルのコピー・移動ができない
  • 操作が難しくPC上級者向け

とても良い
8

Oracle VM VirtualBox(オラクル VM バーチャルボックス)は、PCのなかに仮想マシン(仮想PC/仮想環境)と呼ばれるもう1台のPCを作り出せる無料のエミュレーターソフトです。仮想マシンを作り出すことで一つのPCに別のPC環境を作り出すことができます。例えば、Windows 7上に仮想マシンを作り、Windows XPをインストールすると、同じPCでWindows VistaとWindows XPの環境が同時に利用できます。異なるシステム要件のソフトを利用したり、本格リリース前のテスト版の検証、安全性が疑わしいソフトウェアのチェックなどを行う場合に活躍することでしょう。

Oracle VM VirtualBoxのインターフェースは、仮想マシンの管理画面、稼働画面の2つで構成されています。基本的な使い方は、管理画面から仮想マシンの作成・削除、起動を行い、稼働画面で仮想マシンを操作する、という流れで行います。仮想マシンは、BIOSチェックからOSの起動、シャットダウンに至るまで、実際のPCとまったく同じ動作をします。PCで実行できるOSであれば、Windows以外にもMS-DOSやLinux、FreeBSDなども仮想PCとして実行可能です。

Oracle VM VirtualBoxはUSB機器に対応していることが特徴です。USBメモリーやWebカメラ、外付けディスクといったUSB機器を仮想マシン上でも利用でき、しかも設定が不要なのは、非常に便利です。このほかに、3Dグラフィックやサウンド、デュアルディスプレイにもいち早く対応し、他の類似ソフトであるMicrosoft Virtual PCMicrosoft Virtual PC 2007 SP1などに比べて操作性を高めています。

Oracle VM VirtualBoxの使用には多少難しさがあります。仮想PCで使用するメモリーやハードディスクの量を割り振らねばならないほか、初起動時はOSの入っていないPCと同じ状況であるため、一からOSやソフトウェアを入れて使える環境を作らないといけません。また仮想PCに割り振るメモリーやHDDの容量が必要になります。また操作も多少複雑です。Oracle VM VirtualBoxでは、仮想マシンとホストマシンで、ドラッグ&ドロップによるファイルの移動は不可能です。共有フォルダーやUSBメモリーを利用する必要がありますが、操作が複雑になりある程度PCの操作に慣れた人に向けたソフトといえるでしょう。

Oracle VM VirtualBoxは、同一PC上でOSなど異なるPC環境を同時に稼働させることができる、仮想マシンソフトウェアです。

Oracle VM VirtualBox

ダウンロード

Oracle VM VirtualBox 4.3.12